電子貸本Renta!(レンタ)で簡単レンタル


電子貸本Renta!(レンタ)は本や漫画をネット上でレンタルできるサービスです。
48時間レンタルと無期限レンタルの2種類のやり方でレンタルできて、無期限レンタルは電子書籍を購入するのと同じような扱いになります。
この電子貸本Renta!(レンタ)48時間レンタルだと、無期限より少し安く済むので便利です。





電子貸本Renta!(レンタ)で簡単レンタル口コミ1


ヤフーのメニューから、電子書籍「Y'ブックス」を見つけました。そこから閲覧中に電子書籍「レンタ」へのリンク画面があり、見つけたのがサイトを利用し始めたきっかけでした。
私は、「Y’ブックス」と電子書籍「レンタ」を並行して利用し始め2年位経ちます。
それぞれのサイトでリンクし合ってるので、行き来をして、自分の買いたい本がどちらにあるかを確認し、安い方を選びます。
双方に共通しているのはTポイントが使えることです。私は日常出来る限りTポイントを利用出来るところを優先に利用してますので、うってつけのサイトです。
電子書籍「レンタ」の最大のメリットは24時間レンタルがあること。金額は1チケット(100円)~実際の購入金額と変わらない物もあります。
金額が変わらない場合は、24時間レンタルではなく、”無期限”と言うことなので、実質購入と変わらないのです。
全書籍に24時間・無期限の選択肢があるかと言うとそうではないので、電子書籍「レンタ」のがお得なのかは疑問です。
しかしながら、私が利用し続けてるのは、Tポイントの次に挙げられるのは、アプリでの読書がスムーズなことです。
「Y’ブックス」も無料分はスムーズなのですが、月々定額利用がさっぱりなのです。
私の携帯の容量が少ないせいかもしれませんが次ページにすんなりいけないのです。
なので、双方の金額が一緒なら「レンタ」の利用をします。
また、シーモアも利用してますが、レンタは毎日スタンプをくれ、たまには2個分のスタンプをくれることがあり毎日プチ楽しみです。
アンケートやクイズをしたり、企業努力も見えます。
「レンタ」に言いたいことは1つ。「レンタルなのだから、たった24時間なのだから全て24時間を選択出来るようにして、全て1チケット(100円)で読ませてよ!!」ってことだけです。
アプリはとても容量がでかいので嫌ですが、縦読みと横読みが出来るのも気に入ってます。



電子貸本レンタでレンタルジャンル別一覧